丁寧なカウンセリングと

「安全・確実」にオペを遂行します

インプラント治療などは口腔内の手術を伴うため、患者様との対話に十分時間を確保し、

患者様が納得したうえでインプラントの治療を進めております。

抜けた歯を放置しておくことで、歯並びを含め、お口の中の環境が変わるため、

さまざまなトラブルが生じて、他の歯も治療が必要となります。

歯が抜けてしまった場合の治療方法の1つが、インプラントです。

当院のインプラント治療

インプラントとは、歯の失われた部分に人工歯根を埋め込み、それを支えとして歯を作る治療方法です。

歯を失うと、今まで噛んでいた所では噛めなくなり、違う噛み合わせを無意識に探してしまい、噛み合わせが悪くなったり、筋肉が強張ってきます。

また、舌を噛んでしまったり、噛み合っていた歯が伸びてきてしまうなど、一本の歯の問題ではなくなってしまうのです。

症状

・はっきりしゃべることができない

・噛みづらく、食べ物が制限される

・歯や口元が気になり集中力がなくなる

・頭痛や慢性肩こりなどに悩まされる

デメリット

・外科処置が必要
・定期的なメンテナンスが必要
・保険外治療(自費治療)である

お口の中だけではなく、外見や健康面、果ては精神面にまで影響を及ぼします。お口の中では歯が抜けたことで周囲の健康な骨や歯に影響を及ぼし、やがてはお口の中全体に影響してきます。 インプラント治療を行うことで、抜けた歯の周りの骨の喪失が押さえられ、お口の中の環境が整ってきます。それに伴い、外見や健康面、精神面にもよい影響を与え、食事や会話が今までとは比べ物にならないくらい楽しいものになります。噛めることの喜びをを取り戻し、自信をもった笑顔が得られます。

様々な悩みをも解決してしまうインプラント治療は現在ではスタンダードな治療方法であると言えます。

インプラント治療の料金表はこちら

最新のCTスキャンを用いて撮影

最新のCTスキャンを用いて撮影した画像を元に患者さんの顎の骨を3Dで表示する高性能なインプラントシミュレーターです。インプラントを成功させる為に一番重要な事は、いかに正確な情報を手術前に取得し、そこから得られた情報をいかに正確に実行できるかにかかってくるのですが、以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。 当院で実施しているデジタル・コンピューター・インプラントシステムとは、CTやシミュレーションソフトなどを活用し、人為的なミスを排除した、正確なデータに基づく、世界基準のインプラント施術システムです。 このような最新機器を活用することで「経験や勘」といった術者によって偏りがあるものに頼るのではなく、「データ」に基づいた手術が可能となり、安全性・正確性が格段に向上します。

院内設置のセレックシステムで時間も短縮!高品質!経済的!

セレックシステムは、医療先進国であるドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。 コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取る必要がありません。 最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影し、患部の歯列をモニター上に再現します。 その後、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。 歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、 一般的な修復物よりも経済的です。 また、高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も短縮できます。

※当院のインプラント治療は安全性確保のために、サージカルガイドを使用しております。複雑なものはドイツシロナ社に依頼し作製。簡単なものはセレックで即日作製致します。

セレックシステムの特徴

1.治療にかかる時間が短い!
ほとんどの症例は約1時間で終わるほどスピーディー。1回の通院で修復物をセットできるため、通院の手間もありません。

 

2.高品質なセラミックブロックで作製されるから高耐久!
規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。

 

3.歯科技工所に依頼しないため経済的!
セレック治療では修復物を歯科医院で作製するため、歯科技工所に依頼することがありません。人件費を削減できるため、比較的リーズナブルにご提供できるのです。

 

4.上質なセラミックを使っているからきれい!
金属ではなく上質なセラミックを使っているので、自然で美しい見た目を実現できます。もちろん金属アレルギーの心配もありません。
 

セレック治療のメリット

費用負担を軽減した経済的な治療です。

最新の機器を使用した治療ですが、費用が高くなるということはありません。 セレックシステムを導入することで、修復物を歯科技工所へ依頼することなく当院で製作ができるため外注費をかけず、むしろ患者様の費用負担を軽減することができるのです。 また、耐久性にも優れ修復物の再制作の回数も少なくなり、経済的な治療を実現しています。

治療時間を短縮できます。

セレック治療は従来のものと比べてとてもスピーディーです。 1~2本の治療の場合では多くのケースにおいて、1時間程度で修復物のセットまで完了するので、通院も1度だけですみます。 通常は3日~1週間ほどかかる補綴治療が、セレック治療の場合短時間で終わりますので、忙しくて中々歯医者に通えない、という方には最適の治療法です。
※ただし、加工が困難な素材を使用したりする場合や患者様の症状によっては複数回ご来院が必要になる場合もございます。 より天然の歯に近い「見た目の美しさ」と「自然な装着感」を実感できます。 セラミックブロックには、いろいろな大きさや色があります。また、材料によって強度もさまざまです。 そのため、患者様それぞれに合った、最適なものを選び、他の歯に良く馴染んだ修復物を作ることが可能です。 また、透明度の高いセラミックは境目が目立たず、磨き上げることで非常に美しい仕上がりになります。

9:00~13:00/14:00~18:00(金曜除く)

診療案内
お知らせ
  • 2019.10.17 
  • 【臨時休診のお知らせ】
    10月29日(火)~11月01日(金)まで、休診とさせて頂きます。誠に勝手ながら、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
  • 2019.10.12 
  • 【臨時休診のお知らせ】
    10月12日(土)台風の影響により休診致します。誠に勝手ながら、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。
  • 2019.8.6 
  • 【夏期休診のお知らせ】
    8月14日(水)~16日(金)まで、夏期休診を頂きます。 誠に勝手ながら、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。
  • 2018.12.10
  • 【年末年始休診のお知らせ】
    12月30日(日)から1月4日(金)まで休診いたします。 ご理解を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 尚、年末にかけてご予約が大変混み合っております。 診療をご希望の方は、早めのご連絡とご予約の厳守をお願いいたします。
  • 2018.8.6 
  • 【夏期休診のお知らせ】
    8月13日(月)~15日(水)まで、夏期休診を頂きます。 誠に勝手ながら、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。
  • 2018.3.5 
  • 【臨時休診のお知らせ】
    3月19日(月)、3月31日(土)、4月1日(日)、臨時休診致します。 ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
  • 2017.12.10 
  • 年末年始休診のお知らせ
    12月29日(金)~1月3日(水)まで
  • 2017.12.10 
  • 医師退職のお知らせ
    12月14日(木)をもちまして、木暮杏太郎Drが本院を退職いたします。 1月28日(日)からの矯正治療・相談につきましては、須藤智省Dr(鶴見大学歯学部付属病院所属)が担当いたします。
  • 2017.8.6 夏期休診のお知らせ
  • 8月11日(金)~8月15日(火)まで、夏期休診致します。
  • 2017.4.7 
  • 平成29年6月12日(月)から6月16日(金)まで院内増設工事のため休診致します。 ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承のほど宜しくお願い致します。
  • 2016.12.27 
  • 年末年始休診のお知らせ
    12月30日(金)~1/5(木)
    休診いたします。
  • 2016.9.6 医師退職のお知らせ
  • 池田周平Drは、8月20日をもちまして本院を退職致しました。 そのため、予約が取りづらくなる・お待たせする等、患者様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
  • 2016.7.25 夏期休診のお知らせ
  • 8月12日(金)から15日(月)まで、夏期休診致します。 なお、前後1日は縮小体制となり、11日(木・祝)は池田Drと木暮Dr、16日(火)は藤本Drが診療致します。
  • 2015.07.30夏期休診のお知らせ
  • 8月13日(木)14日(金)15日(土)
    夏期休診いたします。
    なお、前後の11(火)12(水)は
    藤本Drのみ、 16(日)17(月)は
    池田Drのみの縮小体制となります。
    ご了承ください。
  • 2013.11.27
  • 11月28(木)医師研修の為、
  • 午後から休診いたします。
  • 2013.8.30
  • HPを公開いたしました。
  • 2013.8.01
  • ドレミ歯科診療開始。
  • 2013.7.26
  • 内覧会をいたします。